ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年03月27日 14時00分 公開

いまや違法薬物に近い扱い? 転売禁止のマスク、取引の舞台はダークウェブへ

新型コロナウイルス感染症の拡大で品薄状態が続いているマスク。高額転売を禁止する法律は定まったが、店頭に並ぶマスクはまだ少数だ。そんなマスクの取り引きが、秘匿性の高いネットワークで構築された「ダークウェブ」で今も続いているようだ。

[Cheena,ITmedia]

 新型コロナウイルス感染症の拡大で品薄状態が続いているマスク。3月15日にはマスクの高額転売を禁止する法律も定まり、「メルカリ」「ラクマ」「ヤフオク」などのフリマサイトに転売品が並ぶことはなくなったが、ドラッグストアなどの店頭に並ぶマスクはまだ少数だ。

 そんなマスクの取り引きが、秘匿性の高いネットワークで構築された「ダークウェブ」で今も続いているようだ。

 ダークウェブの闇マーケットサイトでは、基本的に違法薬物や盗難クレジットカード情報などの違法な商品が出品されている。表の世界で見当たらないマスクが裏で流通するのも理解はできる。

 闇マーケット「D」(仮名)でマスクを検索したところ、多くの出品が確認できた。

ある闇マーケットにマスクが多く出品されていることが確認できた

 価格帯は幅広く、200箱(1万枚入り)で約50万円の商品もあれば、同じ枚数で3万円の商品もあった。どの商品も最小単位が1万枚からなどの大量購入が前提で、通常時のマスクの購入価格である数百〜数千円程度では買えそうにない。

 出品者の評価はどれもそれほど高くなく、商品が本物かどうかも疑わしい。試しにある出品の写真をGoogleで検索してみると、中国のECサイト「Alibaba」で同じ写真で出品されている商品が見つかった。写真をそのまま盗用していると思われる。

中国のECサイト「Alibaba」で同じ写真で出品されている商品が見つかった

 別の出品者のプロフィールを見てみると、他に大麻などの違法薬物や、詐取したと思われるクレジットカード情報、銃器なども出品しているケースもあった。

マスク出品者が違法薬物を取り扱っていたケースも

 これらのことから、ダークウェブでのマスクの購入はおすすめできない。詐欺の被害に遭う可能性が高く、仮に本物だとしても衛生管理は保障されないし、違法薬物を扱う出品者が相手となれば何があるかも分からない。

 マスクの転売を巡っては、日本国内では3月5日に政府が対策を講じる方針を明らかにした後、オークションサイトで「ホッチキス替え芯(1万円)」といった“替え玉”が出回るなど、15日の法令改正を前に規制の目をかいくぐろうとする動きがあった。海外でもマスクの品薄状態は続いており、ウクライナでは転売を試みた販売者が武装した3人組にマスクを奪われるという事件も発生した。

 需給バランスが崩れ、日本では法規制も入るなど世界中の人々がマスクを求める中、ダークウェブの住人たちにとってはマスクは違法薬物と同じような商材に見えているのかもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.