ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2020年03月30日 14時43分 公開

ドローンの遠隔操縦、免許制へ 2022年から 共同通信報道

操縦者がドローンを目視せず市街地の上空を飛ばす場合に免許を必須とする方針。

[山口恵祐,ITmedia]

 政府が、ドローン操縦の免許制度を2022年に設ける方針を固めたと、3月30日に共同通信が報じた。操縦者がドローンを目視せずに市街地の上空を飛ばす場合は、免許を必須とするという。

 操縦者がドローンを直接見られない範囲で操縦する目視外飛行は、主に4G LTEや5Gのモバイルネットワーク経由でドローンを操縦する仕組み。広域監視や点検、農業などの業務用途で、大手通信事業者などがサービスを開発、実証実験を行っている。現在も目視外飛行には国土交通大臣の承認が必要。

photo KDDIのスマートドローン関連発表会(2016年)より
photo KDDIのスマートドローン関連発表会(2016年)より

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.