ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年03月30日 15時57分 公開

ドコモ、IoT向け通信方式「NB-IoT」を終了 発表から1年たたずに

NTTドコモは3月30日、IoTサービス向けの通信方式「NB-IoT」を終了すると発表した。経営資源の集中が理由としている。

[ITmedia]

 NTTドコモは3月30日、IoTサービス向けの通信方式「NB-IoT」を終了すると発表した。経営資源の集中が理由としている。終了は発表翌日の31日。

IoTサービス向けの通信方式「NB-IoT」

 NB-IoTはセルラーLPWA(モバイル通信を用いた省電力広域通信)の一つ。IoT向けの通信規格の中でも電力消費が少なく、少量のデータ通信を低頻度で送信するのに適した通信方式だ。

 ドコモは2019年4月25日に提供を始めたが、1年未満での撤退となった。終了の発表から終了までのスケジュールが1日間と短いことについて、「利用者数は公表していないが、利用者には事前に終了を告知している」(同社)とした。

 同社は、セルラーLPWAである「Cat.1」や「LTE-M」については引き続き提供していくという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.