ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年04月09日 17時15分 公開

ドコモ、IoT向けに新プラン 通信量200KBまでは月額150円

NTTドコモは「LPWA」を活用したIoT機器向けに、新しい料金プランを提供する。月額150円(税別)で、通信量が200KBまでは追加費用なしで使える。

[ITmedia]

 NTTドコモは4月9日、低消費電力で長距離通信ができる技術「LPWA」(Low Power Wide Area)を活用したIoT機器向けに、新しい料金プランを25日から提供すると発表した。月額150円(税別、以下同)で、通信量が200KBまでは追加費用なしで使えるプランを用意し、機器の異常検知など、少量のデータをやりとりしたい利用者の需要に応える。

photo

 基本料金が月額150円の「LPWAプランSS」(無料通信分200KB)と、月額200円の「LPWAプランS」(無料通信分1000KB)の2種類のプランを提供。無料通信分を超過すると、前者は1KB当たり0.5円、後者は1KB当たり0.4円の追加料金が発生する。送受信のスピードは、最大128kbps。

photo

 合わせて、携帯電話の電波を活用したLPWAの一種「NB-IoT」も25日から提供する。最大通信速度が下り27kbps/上り63kbpsと低速だが、IoT向けのその他の通信規格「LTE-M」と比べると電力消費が少ないため、少量のデータ通信を低頻度で送信する場合に適しているという。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.