ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年04月02日 11時47分 公開

T-MobileとSprintの合併が完了 新会社の名称はT-MobileでレジャーCEOは前倒しで退任

T-MobieとソフトバンクG傘下のSprintの合併が完了した。新生T-MobileはソフトバンクGの連結から外れる。当初4月末に予定していたジョン・レジャーCEOの退任が前倒しになり、マイク・シーバート氏が新CEOに就任した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米通信キャリア契約件数3位のT-Mobileは4月1日(現地時間)、ソフトバンクグループ傘下で4位のSprintとの合併が完了したと発表した。新生T-Mobileとして、全米での5Gネットワークに注力していく。

 t-mobile

 米規制当局などからの承認に時間がかかり、2018年4月の合併発表から完了までに約2年かかった。

 この合併で、契約件数は約1億4000万件になるが、1位のVerizon、2位のAT&Tにはまだ届かない。

 新T-Mobileはソフトバンクグループの持ち分法適用企業になり、連結から外れる。ソフトバンクGの持株は24%。

 T-Mobileのジョン・レジャーCEOは、4月末退任の予定を前倒しし、同日から社長兼COO(最高執行責任者)のマイク・シーバート氏が新CEOに就任した。レジャー氏は取締役に留まる。

 mike 新CEOのマイク・シーバート氏

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.