ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年05月03日 07時30分 公開

LINE、ビデオ通話でスマホ画面シェア機能 グループ通話中にYouTube同時視聴も?【追記あり】

LINEのビデオ通話で、相手にスマートフォンの画面を共有できるようになった。

[山口恵祐,ITmedia]

 LINEはこのほど、コミュニケーションアプリ「LINE」(iOS/Android)に、ビデオ通話でスマートフォンの画面を共有できる機能を追加した。通話中の相手とYouTubeを同時視聴できる機能も5月4日から使えるようになる。

photo YouTubeの同時視聴機能は5月4日から

スマホの画面共有機能

 バージョン10.6.5(iOS)、バージョン10.5.2(Android)で追加した新機能。ビデオ通話中に、スマホの画面に表示されている内容をそのまま相手に見せられる。

 例えば、マルチタスクで他のアプリに切り替えて、会議の資料や遊んでいるゲームのプレイ画面を共有したり、使い方の分からないアプリ画面を見せながら操作方法を教えてもらうといった用途に使える。

 iOSの場合はビデオ通話中にコントロールセンターを開き、画面収録のアイコンを長押し、「LINE」を選択して「ブロードキャストを開始」を選ぶ。共有を終了するには、画面上部の赤いマークをタップして「停止」を選ぶ。

 Androidの場合は、ビデオ通話中に右上の「…」から、「画面をシェアする」を選択。「キャスト中や記録中にプライベート情報が公開されます……」と表示されたら、「今すぐ開始」を押す。シェアしている画面にペンで書き込める機能も備える。

photo iOSの場合

YouTubeの同時視聴機能

 グループ通話中に、画面右下に表示される「みんなで見る」ボタンからYouTubeを選択。見たい動画を検索するか、あらかじめYouTubeのURLをコピーしておくと、通話中の画面下にYouTubeへのリンクが表示されて一緒に楽しめるという。

photo

ビデオ通話時の画面表示も改善

 ビデオ通話で1画面に同時表示できる人数が、これまでの最大4人から、スマートフォンは最大6人、iPadは最大9人に拡張された。グループ音声通話中の表示方法もグリッド方式とリスト方式の2種類から選べるようになった。

photo
photo

 LINE社は、新型コロナウイルスによるビデオ会議や遠隔授業のニーズの高まりを受け、年内に実装予定だったPC版LINEも「画面シェア」機能を前倒しして実装するなど、対応を進めている。

【訂正:2020年5月3日午後9時 YouTubeの同時視聴機能について追記しました。】



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.