ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年05月14日 10時00分 公開

Epic Games、次世代ゲームエンジン「Unreal Engine 5」発表 PS5で動くリアルタイムデモを公開

米Epic Gamesが新しいゲームエンジン「Unreal Engine 5」を正式発表。PS5上で動作させたリアルタイムデモ映像を公開した。

[山口恵祐,ITmedia]

 米Epic Gamesは5月13日(現地時間)、同社が開発するゲームエンジンの新バージョン「Unreal Engine 5」(UE5)を正式発表し、新型ゲーム機「PlayStation 5」(PS5)上で動作させたリアルタイムデモ映像を公開した。

photo

 ゲームエンジンとはゲーム開発などで使われる統合開発環境。UE5では映画のCGや現実世界に匹敵するリアルな表現と、開発チームの規模を問わず高品質なコンテンツを制作できる生産性の高いツールやコンテンツライブラリの提供を目指すという。

 公開したデモ映像「Lumen in the Land of Nanite」では、UE5で使える2つのコア技術「Nanite」「Lumen」を紹介している。

 Naniteは「仮想化マイクロポリゴンジオメトリ」と呼ばれる技術で、ポリゴン数が数億から数十億ある映画レベルのデータを直接インポートできるようになる。クリエイターはポリゴン数やメモリの制約にとらわれず制作できるという。

photo
photo
photo

 Lumenは「完全に動的なグローバルイルミネーションソリューション」と紹介されている技術。ミリメートルからキロメートル規模の広大なマップ上でも現実的な光の反射条件を再現できることで、時間経過で角度が変化する太陽光や、動的な懐中電灯の明かりなど、光の表現力が格段に向上。これらは、同様の技術を実現する「レイトレーシング」向けの特別なハードウェアなしで動作するという。

 同社はPS5について「記憶媒体からの帯域を劇的に増強し、過去の世代と比べてはるかに広大で、詳細なシーンの実現を可能にする」と評価している。

photo
photo
photo

 UE5は家庭用の次世代コンソールや現世代コンソール、PC、Mac、iOS、Androidをサポート。2021年初頭にプレビュー版を公開し、同後半にはフルリリースを予定している。現行のUnreal Engine 4(UE4)も各社の次世代ゲーム機に対応済みで、UE5のリリース後には開発環境をUE4からUE5に移行できる。

 Epic Gamesが開発する人気ゲームタイトル「フォートナイト」は、21年半ばにゲームエンジンをUE4からUE5に移行する予定だ。

 UE5はこれまでのバージョンと同様に無料で利用できる。商用利用の場合は制作したコンテンツによる粗収入が100万ドル(約1億680万円)に達するまでは使用料を免除にするという。

 さらに、フレンドや対戦マッチング、ロビー、アチーブメント、リーダーボード、アカウントといったオンライン機能をゲームに組み込めるSDK「Epic Online Services」を無償で公開する。

【訂正:2020年5月14日午前10時40分 初出時、「100万ドル(約1億680万円)」の部分に記載ミスがありました。訂正してお詫びいたします。】



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.