ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年10月08日 22時01分 公開

「プレステ5」2020年末に発売 「没入感をさらなる高みへ」

SIEが「プレイステーション 5」を2020年の年末商戦期に発売すると発表。「没入感をさらなる高みへ導く」をテーマに、コントローラーの仕様を変更した。操作の感触を人工的に作り出す「ハプティック技術」などを実装し、表現の幅を広げたという。

[ITmedia]

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は10月8日、家庭用ゲーム機の新作「プレイステーション 5」を2020年の年末商戦期に発売することを公式ブログで発表した。

 詳細はまだ明かされていないが、「没入感をさらなる高みへ導く」がテーマだという。公式ブログでは新要素のうち、コントローラーの仕様を変更したことを紹介している。

photo SIEの公式ブログ。プレステ5の発売が決定したという

 具体的には、コントローラーの振動機能を刷新し、操作の感触を人工的に作り出す「ハプティック技術」を実装する。同社は「草原を駆け抜け、泥の中を這う感覚さえも味わえる」としている。

 また、L2・R2ボタンの操作性も進化させ、押した際に抵抗力を感じる「アダプティブトリガー」の技術を採用する。これにより、「弓をキリキリと引き絞る感覚や、ゴツゴツとした岩場の地形でオフロードの車を一気に加速させる時の感覚が、より鮮明に再現できる」としている。

 SIEは開発者を対象に、コントローラーの初期バージョンの配布をすでに始めているといい、「これらの新機能を心ゆくまでお試しいただき、想像力を膨らませていただきたい」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.