ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年09月18日 14時33分 公開

「PlayStation Now」、対象年齢を18歳以上に変更 CERO Zタイトルを追加

定額制のストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」の対象年齢が18歳以上に変更。

[ITmedia]

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントは9月17日、10月から定額制のストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」(PS Now)の対象年齢を18歳以上に変更すると発表した。現行のサービスは9月30日に停止し、CERO Zレーティング(18歳以上向け)のタイトルを追加して提供を再開する。

photo

 現行のサービスは利用権の購入時に年齢確認をしていないが、リニューアル後は購入時に年齢確認を行うという。

 現行サービスを停止した際に有効な利用権を持っているユーザーには、10月上旬までに会員制のオンラインサービス「PlayStation Network」のウォレットに購入額相当の電子マネーをチャージして返金する。

 同社は「ユーザーの意見・要望を踏まえ、サービスの改善に努めてきた。さらに多くのタイトルを楽しんでもらうためサービス内容を変更した」としている。

 PS Nowは、クラウド技術を活用し、プレイステーション 3、4のタイトル400本以上をストリーミング方式で提供するサービス。料金プランは、1カ月利用権(税別2315円)と3カ月利用権(同5436円)を用意している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.