ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年10月02日 06時15分 公開

「PlayStation Now」のサブスク料が半額以下に値下げ 1カ月は1180円に

SIEが、定額ストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」(PS Now)の価格を、日本を含む世界で値下げした。「Apple Arcade」やGoogleの「Stadia」を迎え撃つ構え。

[ITmedia]

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は10月1日、定額制のストリーミングゲームサービス「PlayStation Now」(PS Now)の価格を日本を含む世界で値下げし、4本の人気タイトルを期間限定で追加すると発表した。

 日本では、1カ月利用が1180円(従来の2500円から930円の値下げ)、3カ月利用が2980円(5900円から2920円の値下げ)、12カ月利用が6980円(日本では提供していなかった)になる(いずれも税込み)。半額以下だ。

 ps now 1 日本での新価格プラン

 10月1日〜2020年1月2日の期間限定でプレイできるのは、以下の4本。

  • 「ゴッド・オブ・ウォー」(SIE)
  • 「グランド・セフト・オートV」(テイクツー・インタラクティブ・ジャパン合同会社)
  • 「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」(SIE)
  • 「inFAMOUS Second Son」(SIE)

 また、新たに「inFAMOUS Second Son」「フォーオナー」「Fallout 4」が新タイトルとして加わる。

 psnow 2 10月に追加の新タイトル(一部期間限定)

 SIEは9月、今回の発表に先立ってCERO Z(CEROレーティングで18歳以上のみ対象)ゲームの追加と、年齢制限を発表している。

 PS Nowは2014年立ち上げの、プレイステーション 3、4の多数のタイトルをPCなどでプレイできるようにストリーミング方式で提供するサービス。

 今回の大幅値下げは、米Microsoftの「Xbox Game Pass」米Appleの「Apple Arcade」、11月にスタート予定の米Googleの「Stadia」などの新ストリーミングサービスの参入を受けてのこととみられている。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.