ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年09月24日 06時28分 公開

Google Playストア、ゲームとアプリのサブスク「Play Pass」を月額4.99ドルで開始

Androidアプリストア「Google Playストア」に、月額4.99ドル(約540円)で有料あるいはアプリ内購入付きゲームおよびアプリを無料+広告なしで使えるサブスクリプションサービス「Google Play Pass」が米国で開始する。まずは350本のゲームとアプリが対象で、毎月ゲームとアプリが追加される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは9月23日(現地時間)、Androidアプリストア「Google Playストア」で、新しいサブスクリプションサービス「Google Play Pass」を提供すると発表した。一部の有料あるいはアプリ内購入付きゲームおよびアプリを無料+広告なしで提供する。まずは米国で開始し、他の国でも“間もなく”提供する計画。

 料金は月額4.99ドル(約540円)と、19日にスタートした米Appleのゲームサブスクサービス「Apple Arcade」と同額だ。

 pass 1 Google Play PassはApple Arcadeと同額の4.99ドル/月

 Google Play PassはApple Arcadeとは異なり、ゲームだけでなく、画像編集アプリ「Photo Studio PRO」(現行価格は2.99ドル)や天気情報アプリ「AccuWeather」(広告付き、アプリ内購入あり)などのアプリも対象だ。

 ゲームとしては、人気ゲームの「Terraria」「Monument Valley」「Risk」「Star Wars:Old Republic of Old Republic」などが用意されている。

 スタート段階で、Googleがキュレーションした350本以上のゲームとアプリが用意されており、毎月新しいゲームとアプリが追加されていく。

 10日間の無料試用期間がある。また、10月10日までに申し込めば、最初の1年間は月額1.99ドルになる(人数限定)。

 Play Passに申し込むとストア内に新たに「Play Pass」タブが追加され、ここで新着アプリなどをチェックできるようになる。

 pass 2 Google Play Passの画面

 新作ゲームやアプリを気軽に試せるので、開発者側にもメリットがありそうだ。ただ、Play Passで提供するゲームとアプリはGoogleが選ぶので、選ばれなかった競合アプリは不利になりそうだ。なお、Play Passアプリの開発者側の収益配分は本稿執筆現在公表されていない。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.