ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年05月14日 13時02分 公開

ロボットを操作できる「オンライン動物園」、千葉市動物園とZMPが企画

ZMPは、千葉市動物公園と協力して自動運転ロボット「RakuRo」(ラクロ)を使ったオンライン動物園を実施する。自宅のPCやスマホでラクロを遠隔操作し、リアルタイムで動物の様子を観察できる。

[ITmedia]

 ロボットベンチャーのZMP(東京都文京区)は、千葉市動物公園と協力して自動運転ロボット「RakuRo」(ラクロ)を使った「オンライン動物園」を5月16日に実施する。利用者は自宅のPCやスマートフォンでラクロを遠隔操作し、リアルタイムで動物の様子を観察できる。

オンライン動物園

 16日の午前10時〜11時と午後1時〜3時に実施する。時間内に360度カメラを搭載したラクロが千葉市動物公園内の草原ゾーンを自動運転で周回し、参加者は早押しで遠隔操縦の権利を得られる。権利を得た人は、1分間だけラクロのカメラでリアルタイム映像を見ながらロボットを操縦できる。有効時間が終わるとまた早押しで次の操縦者を決めるという仕組みだ。

 草原ゾーンには、ミーアキャット、ゾウ、キリン、カンガルー、フラミンゴ、シマウマなどがいる。参加者は自動操縦の権利がなくても360度ビューで動物を観察できる。

自動運転ロボット「RakuRo」

 ラクロは、備え付けのタブレットで行き先を指定すると目的地まで自律移動する1人乗りのモビリティ。人が歩く程度の速度で、空港のターミナルや商業施設での導入が進んでいる。

 千葉市の熊谷俊人市長は、オンライン動物園について「外出自粛が続いている中、未来技術を活用したご自宅で楽しめる取り組み。ぜひ動物の様子を楽しんでほしい」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.