ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年05月20日 11時54分 公開

Microsoft Build 2020:Microsoft、Win32とUWPのプラットフォームを再統合する「Project Reunion」発表

MicrosoftがWindows 10で併存する2つのAPI、Win32とUWPを統合する「Project Reunion」を発表した。開発者は「WinUI 3」という新APIでOSを意識せずにアプリを開発できるようになる。

[ITmedia]

 米Microsoftは5月19日(現地時間)、バーチャルイベントBuild 2020で、「Project Reunion」を発表した。「Win32」(Windows API)と「UWP」(Universal Windows Platform)のAPIへのアクセスを統合し、NuGetなどのツールを介して使えるようにする。

 Windows 10では、従来のWindows用APIのWin32と、MicrosoftストアからインストールするアプリのAPIであるUWPが併存しているが、このプロジェクトで、新しいアプリには共通のプラットフォームが提供されるようになる。

 reunion

 アプリを何で開発したかにかかわらず、既存のアプリを最新の機能で更新しやすくなる。既存のAPIを切り離して新たなAPIを追加する際、必要に応じてポリフィル作業も行われるため、Windows全体でAPIが下位レベルで機能する。


 Project Reunionは、2つのコンポーネント、Windows用UIフレームワークの最新プレビュー版「WinUI 3 Preview 1」と「WebView2」のプレビュー版だ。

 ui WinUI 3

 同プロジェクトのリポジトリはGitHubで公開されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.