ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年05月28日 13時55分 公開

スマホARで物件内覧 歩いて間取りを確認、3Dモデルの俯瞰も

ARによる広告を手掛けるYONDEは、スマートフォンのAR機能で住宅物件をバーチャル内覧できるサービスを開発したと発表した。

[井上輝一,ITmedia]

 AR(拡張現実)による広告を手掛けるYONDE(福岡県福岡市)は5月28日、スマートフォンのAR機能で住宅物件をバーチャル内覧できるサービスを開発したと発表した。

 スマホのWebブラウザからサービス画面を開くことで、VRヘッドセットや専用のアプリなしに物件の3Dモデルを確認できるサービス。スマホを持ちながら歩くことで、3Dモデル内を自由に歩ける。3Dモデルの上空から俯瞰して間取りを確認することもできる。

スマホで物件の3Dモデルを確認するイメージ
3Dモデルの俯瞰も可能

 全天球カメラの撮影による物件内覧サービスは不動産業界で導入が進んでいるが、カメラ撮影では固定視点での確認にとどまるのに対し、AR内覧では自由な視点で間取りを確認できるのが強みという。

 不動産会社への展開はこれからとしており、メインターゲットは同じ部屋の作りが多い分譲マンションなど。3Dモデルの作成費用は、デモに使った学校の1室で25万円程度。分譲マンションのように部屋の作りが同じ、もしくは似ている場合は2部屋目以降でコストを抑えられるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.