ITmedia NEWS >
ニュース
» 2020年05月31日 09時00分 公開

Googleさん:コロナ禍の飲食店に活用してほしい、Googleの知られざるサービス「マイビジネス」

[佐藤由紀子,ITmedia]

 新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言が4月7日に出てから、うちの近所のカフェや飲み屋さんも、少しでも売り上げを出そうとテイクアウトを始めたりしています。応援の意味もあり、そういうお店には積極的に買いに行ってます。

 takeout この数週間テイクアウトしたおいしいものたち(一部)

 Google検索やGoogleマップ、Twitterで探して、新たに開拓できたお店もあります。普段ならあまりお店の人と話したりしないのですが、この特別な状況なので苦労話や工夫について聞いたりして。

 若い店主だとインターネットを活用して「テイクアウト始めました」などと告知していますが、老舗のおそば屋さんなどは近所の人のツイートで初めて知りました。

 Googleさんは、新型コロナウイルスに関連する様々な取り組みの一環として、こうしたお店支援でも、とても便利な機能をたくさん打ち出しました。

 supports

 例えば、Google検索やGoogleマップに表示されるお店情報(「ビジネスプロフィール」というのが正式名称)内にギフトカードや寄付のリンクを表示する機能。お店側がこのリンクを表示しておいてくれると、応援したい人がSquareでギフトカードを購入したり、PayPalでお金を寄付したりできます。これは、日本でもやってるんです。

 gift 日本ではSquareのギフトカードなどが購入できます

 お店にはつぶれてほしくないからテイクアウトで応援しているけど、そんなもんではたかがしれているし、かといって現金を渡すのも変だし、という今、お店がこのリンクを表示してくれたら喜んで寄付するのに、どこも付けてない。

 他にも、例えばGoogleマップ上で簡単に「臨時休業」と表示したり、ビジネスプロフィールにイレギュラーな営業時間を表示したり、テイクアウトや宅配をやってることを表示したりもできるようになっています。

 rinji 地図上にも「臨時休業」と表示できます

 日本ではまだですが、米国ではGoogle検索、Googleマップから直接オンラインで注文を受けることもできるようになっています。これはGoogle傘下のOrdering.appというサービスを使うもので、新型コロナウイルスの間は手数料無料です。

 order Googleマップからオンライン注文できたら便利(米国ではもうできます)

 お店のビジネスプロフィールが充実していると、ユーザーとしてもすごく便利なんですが、いかんせん使ってくれているお店が(少なくとも私の地元では)あまりない。

 かろうじてお店のWebサイトやTwitterアカウントへのリンクがある場合は、それを頼りに最新情報をチェックすることになります。

 この数週間私がテイクアウトしているお店は10軒くらいありますが、情報発信手段はTwitterかFacebookとブログサイトとの組み合わせが多い。一番若い店主のお店はLINEで予約もできます。

 人気の飲み屋さんは老舗ブログサービスFC2のブログ1本という渋い選択なので、毎日メニューが発表される午後1時ごろから再読込みを繰り返し、注文は2時半から電話受付のみなので、チケット予約さながら電話をかけまくる(つながらない)という状態。

 Googleには小売店やレストラン向けの無料サービス「Googleマイビジネス」というのがあって、ビジネスプロフィールもそのサービスの1つです。これをビジネス側が使いこなしてくれると消費者も助かるんですが、なかなか普及しない。そもそもサービス名に「ビジネス」がついてる段階で、飲み屋のおかみさんやカフェのオーナーは自分たちのためのサービスだと思わないし。名前で損してるよなぁ。

 business Googleマイビジネス

 こういうとき、GoogleがSNSを1つでも成功させてくれていればよかったのに、としみじみ思います。Twitterと同じくらい(今はなき)Google+をお店が使ってくれていたら、GoogleマップとGoogle+とGoogleカレンダーが連携して、予約も簡単だったでしょう。

 ユーザーとお店をつなぐ一番とっかかりのパズルのピースが足りない。とてももったいないことだと思います。

 忙しいビジネスもとい、日本の飲み屋さん、レストラン、カフェのオーナーさんがこの記事を読むとは思いませんが、一休みできたらGoogleマイビジネスを試してみてほしいです。Googleのためではなく、消費者のために。無料だし、いろいろ無料オンラインセミナーもやってるし、使わないのはほんと、もったいないです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.