ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年06月02日 21時43分 公開

みずほFG、システム運用で日本IBMとタッグ 運用子会社に65%出資受け入れ 内製から脱却へ

みずほFGが、システム運用子会社の発行済み株式数の65%を日本IBMに売却すると発表。以後は日本IBMの主導のもとで、運用管理業務の効率化を図る。取引は6月末までに完了する予定。

[ITmedia]

 みずほフィナンシャルグループ(FG)は6月2日、同グループのシステム運用管理業務で日本アイ・ビー・エム(IBM)と連携すると発表した。グループ内のシステム運用子会社・みずほオペレーションサービス(MHOS)の発行済み株式数の65%を日本IBMに売却し、以後は日本IBM主導で運用管理業務の効率化を図る。

 取引は6月末までに完了し、MHOSは7月から新合弁会社として事業を始める。新社名は決まっていない。

photo みずほフィナンシャルグループによる発表

 新合弁会社は、2019年から稼働する大規模勘定系システム「MINORI」などのグループ内システムに加え、みずほFGが外部顧客から受注したシステムの運用管理も担う予定。運用に当たっては、日本IBMの自動化ツールなどを導入し、徹底した効率化を目指すという。

 みずほFGは「みずほの大規模システムを安定運用するノウハウと、日本IBMの最新テクノロジーを融合し、効率性の高いシステム運用サービスの実現を目指す」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.