ITmedia NEWS > STUDIO >
連載
» 2020年06月05日 07時00分 公開

ハロー、自作キーボードワールド 第5回:見た目、打鍵感、職人技──シンプルそうで奥深いキーボードの「キーキャップ」を深堀り (1/2)

PC用キーボードの見た目のほとんどを占める「キーキャップ」。見た目ももちろん大事だが、実はキーキャップにもこだわりどころはいろいろある。最近はキーキャップ自作の動きも。その魅力を見ていこう。

[びあっこ,ITmedia]

 いろいろなパーツを組み合わせて自分好みの1台を作る「自作キーボード」について紹介する本連載。前回はキーボードの要「キースイッチ」についてその仕組みから改造に至るまでかなりディープに紹介した。

 今回はキーボードの顔ともいえる「キーキャップ」について、その見た目だけにとどまらない魅力を紹介していく。

びあっこ(@Biacco42)

自作キーボード「Ergo42」作者。自作キーボードのDiscordコミュニティ「Self-Made Keyboards in Japan」管理人。

連載:「ハロー、自作キーボードワールド」

自作キーボードの作者であり、キーボード関連のニュース動画「ほぼ週刊キーボードニュース」を配信するぺかそとびあっこが、自作キーボードの世界の“入り口”を紹介していく。


キーボードの“顔”、キーキャップとは

 キーキャップはキースイッチの「軸」部分にかぶせるパーツだ。表面(キートップ)にはそのキーに押したときに入力される文字や記号が刻印されている。キースイッチとキーキャップの一組がそろって初めて1つのキーとして成立する、キーボードの中でも重要なパーツだ。

 キーキャップは指先が直接触れるため、その形状や材質、表面の仕上げなどが打鍵感に影響することはもちろん、キーボードの外見のかなりの部分も占める。色や刻印などのデザインに凝ったものも多く、まさにキーボードの“顔”といっていい。

キーキャップって交換できるの?

 しかし、一般的にはキーボードはキーキャップを含め、全体的に黒やグレーなど無難なカラーリングのものが多い。キーキャップを自由に変えられないものもある。

 一方で、前回のキースイッチ回で紹介した「Cherry MX互換スイッチ」は軸の形状が共通化されており、キーキャップに関しても互換性がある。そのため、バラエティ豊かな交換キーキャップがさまざまなメーカーから提供されている。SNSなどでカラフルな自作キーボードの写真を見たことがある人もいるかもしれない。打鍵感などの性能だけでなく、こういった見た目のカスタマイズ性が高いこともCherry MX互換スイッチとそれを用いたキーボードの魅力だ。

「自作キーボード」で画像検索すると色とりどりなキーボードがあることが見て取れる

違うのは色だけじゃない さまざまな形状や印刷方式をチェック

 ここからは具体的なCherry MX軸用の交換キーキャップを紹介しながら、キーキャップを特徴づけるいくつかの性質について紹介していこう。

代表的な形状、摩耗しても刻印が消えない「JTK Aqua」

 市販のメカニカルキーボードでよく採用される形状でありながら、爽やかなカラーリングが特徴のキーキャップが中国JTKeycapsの「JTK Aqua」だ。

中国JTKeycaps製の「JTK Aqua」。高級キーボードでよく採用されるクラシカルな形状の「Cherryプロファイル」を採用。鮮やかな配色が目を引く

 交換キーキャップはカラフルなデザインがまず目を引くが、形状にもさまざまなバリエーションがある。その中でもよく用いられる代表的な形状の類型のことを「プロファイル」という。JTK Aquaの“いかにも”な形状は「Cherryプロファイル」と呼ばれている。キースイッチでも紹介した独Cherryの名を冠したプロファイルだ。

 Cherryプロファイルの特徴は、行ごとに角度と段差がついた「ステップスカルプチャ」(段差のある彫りの意味)と、指が当たるキートップ部分が円柱状に削られている「シリンドリカル」の組み合わせだ。高さは比較的抑えめで、キーボード全体の厚みを抑えられる。

さまざまなプロファイルのキーキャップ。手前からCherry、MDA、ロープロファイルSA (@age_jaco さん作)、XDA、DSA

 また、目には見えないがキーキャップの素材も重要なポイントだ。キーキャップで使われる素材は大きく分けてABS樹脂とPBT樹脂の2種類があり、JTK AquaはABS。ABSは加工がしやすく、刻印部分に別の色の樹脂を流し込む「二色成形」という複雑な技術が利用できる。JTK Aquaも二色成形による刻印が行われている。二色成形は原理的には摩擦によって刻印が削れて消えてしまうことがないため、高級なABS製キーキャップでよく用いられている。

球面キートップ+材質に浸透する印刷方式の「MDA BigBang」

 全体的に丸みを帯びた「MDAプロファイル」とアクセントカラーが特徴的なキーキャップがキーボード製品創作集団MelGeekの「MDA BigBang」だ。

穏やかな局面を描く「MDAプロファイル」の「MDA BigBang」。紛らわしいがMDAはブランド名ではない。緑とオレンジのアクセントカラーがかわいい
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.