ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年06月08日 15時00分 公開

KDDI、新日本フィルと東京混声合唱団のリモート演奏でバーチャルコンサート “音のVR”で再現

KDDIが、新日本フィルハーモニー交響楽団と東京混声合唱団のバーチャルコンサートを配信すると発表した。スマートフォンを向ける方向によって音の聞こえ方が変わる。

[谷井将人,ITmedia]

 KDDIは6月8日、新日本フィルハーモニー交響楽団と東京混声合唱団の音楽家がリモート演奏した音声を使ったバーチャルコンサートを、iOSアプリ「新音楽視聴体験 音のVR」で配信すると発表した。スマートフォンを向ける方向によって音の聞こえ方が変わる。

photo 新音楽視聴体験 音のVR

 アプリでは、すみだトリフォニーホール(東京都墨田区)のコンサートホールを背景にした360度動画を視聴できる。曲目は「Believe」。動画内のステージ上には119人の音楽家が各自の自宅で演奏した映像を配置。スマートフォンやタブレットを聞きたいパートの方に向け、ズームするとそのパートの音声が大きく聞こえる。

photo スマートフォンを向ける方向によって音の聞こえ方が変わる

 KDDIは政府が緊急事態宣言を解除した後の音楽家たちの活動再開に向け、新しい音楽鑑賞の形としてバーチャルコンサートを提案。新日本フィルハーモニー交響楽団の貝原正三事業部長は「今後はリアルとネットを併存する新しい音楽発信を模索していきたい」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.