ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年06月12日 19時50分 公開

写真で目立ちたい初心者向け――Photoshop Cameraの説明文が直球で面白いと話題 アドビの反応は?

アドビ システムズが配信したアプリ「Photoshop Camera」の説明文がストレートすぎて面白いとTwitterで話題になっている。同社は「皆さんの温かいリアクションに社員一同喜んでいる」とコメントした。

[谷井将人,ITmedia]

 ソーシャルメディアで写真を共有して目立ちたいモバイル初心者向けのソフトウェアです――アドビ システムズが6月11日に配信したスマートフォン向けカメラアプリ「Photoshop Camera」(iOS/Android)の説明文がストレートすぎて面白いとTwitterで話題になっている。同社は「皆さんの温かいリアクションに社員一同喜んでいる」とコメントした。

photo Photoshop Cameraの説明文

 Photoshop Cameraは同社のAI「Adobe Sensei」が、カメラに映る被写体と背景を判別して自動で画像を加工するアプリ(iOS/Android)。80種以上の加工プリセットを搭載しており、複雑な操作なしにさまざまな表現ができるという。

photo

 iOS版のアプリ説明欄には「Photoshop Cameraは、ソーシャルメディアで写真を共有して目立ちたいモバイル初心者向けのソフトウェア」とある。Twitterでは「ドストレートで好き」「私も初心者だから使ってみようかな」といった反応が見られた。

 ITmedia NEWSの取材に対し、同社は「通常、文章作成に関しては社内でのレビュープロセスがある」とし「今回はこのようなユーザーのリアクションを期待したものではなかった」と話した。

 「本件については、内容を社内で再度精査し必要に応じて対応する」としているが、Twitterでは「そのままでいてほしい」といった反応もある。

 Photoshop Cameraは簡単に“SNS映え”する画像を作って遊べるアプリとして、今後もユーザーのクリエイティビティを高めてくれそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.