ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年06月19日 17時43分 公開

Photoshopで加工された顔画像を見抜く技術 Adobeが開発

米アドビリサーチはPhotoshopで加工された顔画像を検知し、元画像を復元するツールをカリフォルニア大学と共同開発したと発表した。

[谷井将人,ITmedia]

 米Adobeと米カリフォルニア大学はこのほど、Photoshopで加工された顔写真を検知して、加工前に戻せるツールを共同開発したと発表した。フェイクコンテンツを判別する環境を整えることで、デジタルコンテンツの信頼性を高める狙いがあるという。

photo 加工済み画像(写真左)と、ツールが検出した加工領域(写真右)

 Photoshopの「顔立ちを調整」機能で加工された顔写真を検知できる。深層学習の一種である「畳み込みニューラルネットワーク」(CNN)を活用し、インターネット上から取得した大量の顔画像と、「顔立ちを調整」機能や手作業で加工した画像を教師データとして学習させた。

 加工前の顔画像と顔立ちを調整した画像を提示して、どちらが加工された画像なのかを判別させるテストを行ったところ、人間は53%の正答率だったのに対し、開発したツールは99%だった。どのような加工が行われたのかも特定できるため、元の画像に復元もできるという。

photo 加工済み画像から復元した顔画像(写真左)と、加工前のオリジナル画像(写真右)

 同社は「画像加工ツールを提供すると同時に、デジタルメディアの信頼性に関わるツールの悪用を特定し、思いとどまらせる取り組みも行う」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.