ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年06月17日 20時22分 公開

「川の様子見てくる」をIoTで センサーとクラウドで水位を可視化 NECが防災システム

NECプラットフォームズが、河川の水位を遠隔で計測し、Webブラウザに結果を表示できるIoTシステムを自治体向けに発売。住民の防災意識を高める効果を見込む。

[ITmedia]

 NECプラットフォームズは6月17日、河川の水位を遠隔で計測するIoTシステムを自治体向けに発売した。得た情報はグラフで可視化し、ネットで住民に公開できる。防災意識の向上や緊急対応の迅速化を見込めるとしている。

photo 水位センサー

 最大30m先までの水位を検知できるセンサーを活用。集めたデータはモバイル通信でクラウドにアップロードし、水位、満水率、過去12時間の水位の変化などをグラフで可視化。ネットで公開し、通常時は1時間おき、大雨の際は10分おきに更新する。

 静岡県掛川市では事前実験を行っており、2019年10月の大型台風上陸時にもリアルタイムに河川の水位を可視化できたという。今年5月からは住民向けの水位情報サービスも提供している。

photo 河川の水位を遠隔で計測するIoTシステムの仕組み

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.