ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年06月18日 17時02分 公開

無観客のライトスタンドでPepperがダンス ソフトバンクホークスがロボット応援団

福岡ソフトバンクホークスが本拠地ライトスタンドに人型ロボット「Pepper」を設置。得点時にダンスを披露し、無観客試合となる19〜21日の開幕3連戦を盛り上げる。

[ITmedia]

 福岡ソフトバンクホークスは6月18日、本拠地である福岡PayPayドームのライトスタンドに人型ロボット「Pepper」を複数台設置すると発表した。期間は19〜21日の開幕3連戦。新型コロナウイルスの影響でしばらく無観客になるプロ野球の試合を、Pepperのパフォーマンスで盛り上げる。

photo ライトスタンドで応援するPepper

 Pepperは、ホークスの選手がヒットを打った際や得点時に動いて喜びを表現。ホームランが出ると、ホークスの人気選手・松田宣浩内野手の「熱男ポーズ」を披露する。7回裏の攻撃前は、公式球団ソング「いざゆけ若鷹軍団」に合わせてダンスを踊る。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.