ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年06月25日 11時45分 公開

「日本人はきれい好き」に疑問符 ケルヒャー調査

ケルヒャー・ジャパンが世界11カ国で掃除に対する意識や傾向を調査。日本は「家がきれい」であることを重視する人の割合が全体の平均以下。掃除に費やす時間は最も短かった。

[ITmedia]

 清掃機器大手メーカーの日本法人、ケルヒャー・ジャパンは6月25日、世界各国の掃除に対する意識や傾向を調べたアンケート調査結果を発表した。きれい好きとされる日本人だが、「家がきれい」であることを重視する人の割合は調査した11カ国の平均以下。掃除に費やす時間は最も短かった。

「家がきれい」であることを「重要」「とても重要」と回答した人の割合

 「あなたにとって家がきれいであることはどれほど重要ですか」という問いには回答者の92%が「重要」「とても重要」と回答した。比率が最も高かったのはブラジルの98%で、ロシアの97%が続く。日本は78%と調査した11カ国の平均を下回った。「きれい好きと世界から称賛されることも多い日本人だが、家をきれいに保ちたいという意識は意外と低いようだ」という。

 一週間の中で掃除に費やす時間を聞いた設問では、日本は平均1時間33分と調査した11カ国で最も短かった。平均は2時間52分で、最も時間をかけていたのはロシアの4時間56分だった。住宅の間取りや広さなどは聞いていない。

一週間の中で掃除に費やす時間は日本が最も短かった

 掃除に使う道具は、ほうきやブラシといったアナログな道具が人気で全体の80%が使用していた。コード付き掃除機は60%、コードレス掃除機は23%、ロボット掃除機は15%だった。日本では平均を11ポイント上回る34%の回答者がコードレスタイプの掃除機を使用していた。ロボット掃除機の使用率が高いのは中国で34%だった。

 調査は2019年にWebアンケートで行った。対象国はドイツ、フランス、イギリス、オランダ、ベルギー、ポーランド、ロシア、ブラジル、米国、中国、日本で、有効回答は1万1099件(各国1000件以上)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.