ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2020年06月26日 11時26分 公開

0.2秒で顔認証+発熱者検知 マスク着用の判定も アイリスオーヤマが新製品

顔認証と発熱者検知が同時にできるカメラをアイリスオーヤマが7月1日に発売する。検知速度は0.2秒、顔認証精度は99%と「業界最高クラス」としている。

[ITmedia]

 アイリスオーヤマは、顔認証と発熱者検知が同時にできるカメラ「顔認証型AIサーマルカメラ」を7月1日に発売する。検知速度は0.2秒、顔認証精度は99%と「業界最高クラス」としている。価格は25万円(税別)。

画像
画像

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、さまざまな施設で検温が行われている。同社が以前から販売している、非接触で発熱検知できるAIサーマルカメラは、当初計画の約2倍売れているという。

 新製品は、AIを使った顔認証と発熱検知が同時にでき、設定より高い体温の人や、事前登録していない顔を検出した場合は、画像と音声アラートで通知する。

 また、マスク着用者だけ入場を許可する「マスク着用強制モード」や、出退勤登録できる「勤怠モード」も搭載しており、勤怠管理にも使える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.