ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年07月03日 12時40分 公開

海水中のマイクロプラスチック量をAIで計測、海洋汚染の実態解明へ NECとJAMSTECが分析システム

AIの画像認識技術を使って、海水などに含まれるマイクロプラスチック量を検出するシステムを、NECと海洋研究開発機構が開発。海域ごとのサンプルに含まれるマイクロプラスチックの数、大きさ、種類を自動で集計、分類し、流出源の推定を効率化。汚染の実態解明と、適切な排出規制の立案を目指す。

[ITmedia]

 NECと海洋研究開発機構(JAMSTEC)は7月3日、AIの画像認識技術を使って、海水などに含まれるマイクロプラスチック(海洋汚染の原因になる微小なプラスチック粒子)の量を計測するシステムを開発したと発表した。海域ごとのサンプルに含まれるマイクロプラスチックの数、大きさ、種類を自動で集計、分類し、流出源の推定を効率化する。

photo マイクロプラスチック量の計測の流れ

 まず下準備として、海水に蛍光色素を混ぜてマイクロプラスチックを染めた上で、容器の中で水流を生み出す。次に、水流の様子を蛍光顕微鏡で撮影する。その動画をAIに読み込ませると、毎分60個の処理速度で、マイクロプラスチックのサイズや形状を自動で分析。画面などに結果を表示する。

 画像認識用のAIは「RAPID機械学習」と呼ぶ手法で構築した。この手法は、手本となるデータを事前に読み込ませると、ディープラーニング技術によってデータの傾向を自動で学習し、分類の精度を高めるのが特徴。

 従来は、研究員が海水や堆積物を目の細かい網ですくい、採取した物質を顕微鏡で確認した上で、マイクロプラスチックを手作業で抽出、分析していた。この手法は手間がかかる他、300μm以下の微小な粒子を見逃す恐れがあったため、AIを使って改善する。

 将来はAIを使った分析手法を確立し、マイクロプラスチック汚染の実態解明と、適切な排出規制の立案に役立てる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.