ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2020年07月06日 12時16分 公開

“手ぶら”で自販機のジュース買える ダイドーが実験、NECの顔認証を活用

ダイドードリンコが、顔認証を使った決済機能を持つ自動販売機の実証実験を始めた。

[ITmedia]

 ダイドードリンコは7月6日、顔認証を使った決済機能を持つ自動販売機の実証実験を3日に始めたと発表した。NECの顔認証技術を活用し、利用者がスマートフォンや財布を持たずに“手ぶら”で飲料を購入できる仕組み。

photo 顔認証で決済ができる自動販売機のイメージ

 事前にスマートフォンやタブレットなどで顔画像やクレジットカード情報、パスコードを登録。飲み物を買うときは、自動販売機のカメラに顔を読み取らせ、パスコードを入力すると商品を選択できる。

photo 自動販売機で顔認証決済サービスを利用する流れ

 ダイドードリンコ本社やグループ会社の大同薬品工業の関東工場の他、NEC本社で約3カ月の実験を行う。ダイドードリンコは「財布やスマートフォンなどを持ち歩かずに済む、便利さや快適な環境が実現できる」として、オフィスや工場などでの活用を見込むという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.