ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年07月07日 16時02分 公開

GmailがようやくiPadのSplit Viewに対応

iPad版Gmailが画面分割マルチタスク機能「Split View」に対応した。Gmailとカレンダーアプリを左右に並べて予定を確認したり、写真アプリから写真をドラッグ&ドロップで添付したりできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは7月6日(現地時間)、iPadOS版GmailアプリをiPadの画面分割マルチタスク機能「Split View」に対応させたと発表した。Gmailとカレンダー、写真などを左右に並べて使える。

 gmail 1

 Split Viewは2015年リリースの「iOS 9」から追加された機能だが、これまでGmailは対応していなかった。

 gmail 2 「写真」の画像をドラッグ&ドロップでGmailのメールに添付

 Split Viewを使うには、Gmailアプリの画面で下からスワイプしてドックを表示し、ドックから並べたいアプリを長押ししながら画面上にドラッグする。


 Googleは、Gmailのキーボードショートカットを有効にしてマルチタスクの効率を高めるよう勧めている。本稿執筆現在、日本語のサポートページではiPad版Gmailではキーボードショートカットがサポートされていないとあるが、英語版ではiPadにキーボードを接続すれば利用できるとなっている。利用するには、画面左上の[≡]→[設定]→[キーボードショートカットを有効にする]をオンにする。なお、iPhone版Gmailではショートカットは使えない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.