ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年07月08日 07時00分 公開

ドイツ版新型コロナ接触確認アプリ すでに報告数2000回超の「陽性者登録キー」をダウンロードしてみて分かったこと (1/2)

[Masataka Koduka,ITmedia]

 感染リスク(陽性者との接触)を検出し始めたドイツ版新型コロナ接触確認アプリ。すでに2000回を超える陽性者報告が上がっている。実稼働が始まったドイツのシステムから、どんな情報を得られるのか調査を行った。

 ドイツ版接触確認アプリのアプリ内データを調べるに当たっては、以前から協力してくれているベルリン在住の日本人ミュージシャン、流水彩子さんから提供された情報を基にしている。

 アプリの設定画面から「COVID-19接触のログ記録の設定」をたどると、「COVID-19接触のログ記録の設定」という項目がある。

photo 「COVID-19接触のログ記録の設定」。日本語表示も可能(画像提供:流水彩子さん)

 この項目を選択すると以下のような画面が表示される。

photo

 「接触チェックの記録」をタップすると、以下のような「接触チェックの記録」が表示される。これらのデータは、(多少日付表示がおかしいものの)スマートフォンからのサーバ問い合わせ時刻と思われる。

 「チェックの詳細」をたどると、以下のような数字が表示される。

photo 日本語訳されたチェックの詳細
photo ドイツ語の「チェックの詳細」

 表示された「Anzahl der bereitgestellten Schlussel 2.680」は、日本語で「提供されたキー数2680回」であるが、ここにおける「キー」とは、日独の新型コロナ接触確認アプリが共通して利用している Appleのサイトで公開している仕様にある「Diagnosis keys」を指しており、感染検査結果が陽性であったユーザーが感染をアプリ経由で報告した際の匿名キーのことだ。このまま受け取るとドイツでは7月3日までに合計2680人のアプリユーザーが陽性を報告したことになる。しかし、プライバシー観点からフェイクキーも混ざる仕様となっており、実際の陽性報告数はこれより少ないといえる。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.