ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年07月10日 07時20分 公開

ソニー、Unreal EngineやフォートナイトのEpic Gamesに2億5000万ドル投資

ソニーがEpic Gamesに2億5000万ドル(約268億円)の戦略的投資を行うと発表した。Epic Gamesはゲームエンジン「Unreal Engine」やオンラインゲーム「Fortnite」で知られ、5月の「Unrea Engine 5」発表イベントではソニーのPS5でのデモを披露した。

[ITmedia]

 ソニーと米Epic Gamesは7月9日(米東部時間)、ソニーがEpic Gamesに2億5000万ドル(約268億円)の戦略的投資を行うことで合意したと発表した。ソニーがEpic Gamesの少数株を購入する。この投資により、既に築かれている緊密な関係を通じて、テクノロジー、エンターテインメント、ソーシャルオンラインサービスの発展という共通の目標を強化していくという。

 Epic Gamesは5月、同社のゲームエンジンの最新版「Unreal Engine 5」の発表で、ソニーの次期ゲーム機「PlayStation 5」(PS5)上での動作デモを披露し、同社の人気ゲーム「Fortnite」(フォートナイト)を年内に予定されているPS5の発売に合わせて最適化すると発表した。

 epic

 Unreal Engine 5もフォートナイトも、PS5と競合する米Microsoftの「Xbox Series X」もサポートする。

 ソニーの代表取締役社長兼CEO、吉田健一郎氏は発表文で「この投資を通じて、ゲームだけでなく、急速に進化するデジタルエンターテインメント環境全般で、消費者と業界全体に楽しさと価値をもたらすEpicとのコラボの機会を探る」と語った。

 Epic Gamesのティム・スウィーニーCEOは「われわれは、ゲーム、映画、音楽の融合につながるリアルタイム3Dソーシャル体験のビジョンを共有している」と語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.