ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2020年07月16日 09時06分 公開

AppleやマスクCEOなど多数のセレブTwitterアカウントが乗っ取られ、暗号通貨詐欺に悪用される

Apple、イーロン・マスク氏、バラク・オバマ氏、一連の暗号通貨企業などのTwitterアカウントが乗っ取られ、暗号通貨詐欺に悪用された。Twitterが調査中だ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 多数のセレブや大企業のTwitterアカウントが7月15日(米国時間)にほぼ同時に乗っ取られ、暗号通貨詐欺に悪用されたと米TechCrunchなど多数の米メディアが報じた。米Twitterは公式アカウントで「Twitterのアカウントに影響を与えるセキュリティ問題を認識している。現在調査中で、修正に向けて対策を講じている」とツイートした。


 Twitterは、問題の調査中、ツイートおよびパスワードのリセットができない場合があるとも説明した。

 乗っ取られたのは、Apple、Uber、ジェフ・ベゾス氏、イーロン・マスク氏、バラク・オバマ氏、ジョー・バイデン氏、ビル・ゲイツ氏、キム・カーダシアン氏、カニエ・ウェスト氏、ウォーレン・バフェット氏、MrBeast(著名ユーチューバー)、マイケル・ブルームバーグ氏などのTwitterアカウント。

 これらのアカウントは「Bitcoinをみんなでサポートしよう。以下のリンクにBitcoinを送ると、倍になって返ってくる。30分限定だ」というようなリンク付きのメッセージをツイートした(アカウントによって文体はそれらしいバリエーションになっている)。


 セレブアカウントの大量乗っ取りの前には、Bitcoin、Ripple、CoinDesk、Coinbase、Binance、Geminiなど、暗号通貨関連企業のアカウントが乗っ取られ、同様のツイートをしていた。

 TechCrunchによると、リンク先のWebサイトは、そのサイトのドメイン登録元の米NameSiloが最初の報告があった後すぐに停止したという。

 Coindeskによると、少なくとも同社のアカウントは多要素認証を有効にしていたという。リンク先のWebサイトは11.3BTC(約10万3960ドル)を受け取ったとみられる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.