ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年07月17日 17時49分 公開

富士通、新会社「富士通Japan」設立 国内事業を再編、システムエンジニア約400人も合流

富士通が新会社「富士通Japan」を10月1日に設立する。事業部門やグループ会社を段階的に統合する他、システムエンジニア約400人を合流させ、国内事業を強化する。

[ITmedia]

 富士通は7月17日、新会社「富士通Japan」を10月1日に設立すると発表した。自治体や医療、教育機関を担当する事業部門やグループ会社を段階的に統合する他、富士通のシステムエンジニア約400人を合流させることで、国内事業を強化する。

photo 富士通による発表

 2段階で統合を進める。まずは10月1日付で、準大手や中堅・中小企業を担当する富士通マーケティングを富士通Japanに統合。同分野を担当する富士通のシステムエンジニア約400人も合流させる。さらに流通、ヘルスケア、自治体分野などを担当する富士通エフ・アイ・ピーを統合する。

 次に2021年4月1日付で、自治体や医療、教育機関を担当する富士通の事業部門を統合。さらにICTインフラ構築などを手掛ける富士通エフサスと、ネットワーク領域の事業を担当する富士通ネットワークソリューションズの営業機能を富士通Japanに統合する。

 代表取締役社長には、富士通マーケティング代表取締役社長の広瀬敏男氏が就任。社員数は10月1日時点で約5400人、21年4月1日時点で約1万1000人になる見込み。

 社名を富士通Japanにした理由について、富士通は「国内事業を強化していく意気込みを表現した」という。新会社の設立によって「顧客のニーズに柔軟かつ迅速に対応する体制を整える」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.