ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年07月20日 19時10分 公開

ソニーと東大、「人間拡張学」事業化を本格化 凸版印刷や京セラなど連携

ソニーと東京大学が、人間と一体化し、人間の能力を拡張させるテクノロジーを開発する「ヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)学」の講座を行うと発表した。

[ITmedia]

 ソニーと東京大学は7月20日、人間と一体化し、人間の能力を拡張させるテクノロジーを開発する「ヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)学」の講座を東京大学大学院情報学環で行うと発表した。凸版印刷や京セラ、自動運転技術ベンチャーのティアフォー(東京都品川区)と連携し、産学連携の体制を推進することで、早期の社会実装や事業化を目指す。期間は8月1日〜2023年7月31日。

photo 「ヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)学」の概念図

 ヒューマンオーグメンテーションは、暦本純一氏(東大大学院情報学環教授/ソニーコンピュータサイエンス研究所副所長)が提唱するコンセプト。人間と、テクノロジーやAIが一体化し、時間や空間の制約を超えて相互に能力を強化しあう「IoA」(Internet of Abilities:能力のインターネット)の研究を体系化し、17年から20年まで前身の「ヒューマンオーグメンテーション学寄付講座」を行っていた。

 これまでは、人の視線を認識するウェアラブルコンピュータや人の体験をウェアラブルセンサーやネットワークで他人に共有する研究などを行ってきた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.