ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年07月22日 10時05分 公開

米司法省、中国人2人を新型コロナ関連情報窃盗目的のサイバー攻撃で起訴

米司法省が、中国政府と繋がりがあるとみている2人の中国人ハッカーを起訴した。新型コロナウイルス感染症対策ワクチン関連情報などを盗んだとしている。

[ITmedia]

 米司法省は7月21日(現地時間)、中国人ハッカー2人が新型コロナウイルス関連の研究データなどをサイバー攻撃を使って盗んだ罪で米ワシントン州の連邦大陪審に起訴されたと発表した。

 起訴されたのは、李嘯宇(34)と董家志(33)。これまで10年以上にわたって日本を含む多数の国の企業にサイバー攻撃を仕掛け、医療機器や土木、産業工学に関する機密データを盗んだという。

 nsa 手配書

 両者とも、中国国家安全部(MSS)との契約で犯行を行ったとみられている。

 米国家安全保障局(NSA)のジョン・デマーズ検事補佐官は発表文で「中国は現在、ロシア、イラン、北朝鮮と同様に、自国の利益のために活動するサイバー犯罪者に安全な避難所を提供する恥ずべき国だ」と語った。

 起訴内容は、コンピュータ詐欺の共謀罪(最長で懲役5年)、企業秘密の窃盗(最長で懲役10年)、電信詐欺(懲役20年)、コンピュータへの不正アクセス(懲役5年)、個人情報の盗難(懲役2年)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.