ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年07月27日 19時24分 公開

メガネスーパー、リモートで度付き眼鏡を購入できるサービス 視力検査キットを自宅へ配送、Zoomで助言

来店せずに視力検査を自分で行い、度付きのメガネを作れるサービスが始まった。自宅に視力検査機や専用アプリをインストールしたスマートフォンなどが届き、検査スタッフがZoomで検査をサポートする。

[ITmedia]

 メガネスーパーなどを運営するビジョナリーホールディングスは7月27日、事前に送付した視力検査キットを使って、客が自宅から度付き眼鏡を注文できるサービスを始めた。専門スタッフがビデオ通話で客の“セルフ視力検査”をサポートする。コロナ禍で外出を控えたいという声や、近隣にメガネ店がない、外出が難しいといったニーズに応える。検査価格は4000円(税別)。

photo 視力検査キット
photo “セルフ視力検査”のイメージ

 客が電話で申し込むと、自宅など指定した場所にレフ(自覚的屈折検査機)、使用中のメガネのレンズ度数を図るレンズメーター、フォロプター(自覚的屈折検査機)、専用アプリをインストールしたスマートフォンとプリンタが届く。Web会議ソフト「Zoom」で専門スタッフからの指示やアドバイスに従いながら視力検査を進める。所用時間は機材セッティングや説明を含め約60分という。

 測定した視力データを基にレンズをオーダーする。フレームは視力測定後にZoomによる接客を受けながら選べる他、直販サイト上でも選べる。出来上がったメガネは指定の場所へ届く。

 これまで遠隔での視力検査は機械の操作が難しいため実用化していなかった。専門スタッフによるオンラインサポートを組み合わせることで、遠隔での視力検査を実現した。「時間、場所を選ばずにセルフで視力測定ができ、来店や通院をせずに新しい度付きメガネの提供ができる」(同社)としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.