ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年07月29日 18時16分 公開

「現場が使いこなせるAIを」──UiPath、AIとRPAを自由に接続できるプラットフォーム「AI Fabric」

UiPathは、既存のRPAソフトにAIモデルを組み合わせられるプラットフォーム「AI Fabric」を発表した。AIの中身を知らなくても、現場の作業者がAIを使って業務を効率化できるようになるという。

[井上輝一,ITmedia]

 RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ソフトウェアを手掛けるUiPath(東京都千代田区)は7月29日、既存のRPAソフトにAIモデルを組み合わせられるプラットフォーム「AI Fabric」を発表した。AIの中身を知らなくても、現場の作業者がAIを使って業務を効率化できるようになるという。

既存のRPAソフトにAIモデルを組み合わせられるプラットフォーム「AI Fabric」(発表会資料より)

 同社のRPAエディタ「Studio」にAIモデルを組み込むための運用・管理プラットフォーム。例えば、Pythonで開発したイヌとネコの画像を分類するプログラムをAI Fabricに登録し、指定フォルダ内にあるイヌの画像は「イヌ」フォルダに、ネコの画像は「ネコ」フォルダに分けるようにStudio上で指定し実行すると、自動で分類とフォルダ分けが行われる。

 ユーザーが作成したAIモデルの他、UiPathが提供するAIモデルやオープンソースのAIモデル、パートナー企業が開発したカスタムAIモデルなどを登録できる。AIモデルの登録は開発者などデータサイエンスに精通した人間が行う必要があるが、登録されたAIのRPAへの組み込みは現場の人間が行えるため、AI導入のハードルとなる「開発と現場のギャップ」を乗り越えられるという。

 加えて、AIを使ったRPAタスクを途中で人間が監視・承認する仕組み「Action Center」も発表。AIの作業を人間が検証することで、間違えて分類した内容を修正できる他、そのデータを学習用データセットとしてためることでAIの再学習や精度向上に利用できる。

Action Centerの活用イメージ

 今後は、UiPath提供のAIモデル拡充の他、機械学習に適した業務プロセスの洗い出し機能や、自動化によるパフォーマンス測定機能などをAI Fabricに実装していきたいとしている。

UiPathが現在提供しているAIモデル 英語での提供が先行しているため、日本語対応はまだ一部

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.