ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年07月30日 17時25分 公開

三鷹市、請求書のペーパーレス化を実験 コンカーの経費精算クラウドなど使用

東京都三鷹市が、請求書のペーパーレス化に向けた実証実験を実施。請求書の管理や処理などの業務をオンラインに移行し、会計担当者の負担軽減を目指す。コンカーとインフォマートが協力し、経費精算ツールを提供する。

[ITmedia]

 東京都三鷹市は7月29日、請求書のペーパーレス化に向けた実証実験を行うと発表した。請求書を電子化し、管理や処理などの業務をオンラインに移行することで、会計担当者の負担軽減を目指す。電子化したデータを分析し、より高度な予算管理に生かす方法も検討する。

三鷹市が導入する「Concur Invoice」

 実験には、経費精算用のSaaSを手掛けるコンカーとインフォマートが協力。紙の請求書の自動読み取りやオンラインでの申請、承認に対応する「Concur Invoice」と、勘定科目の自動仕訳などが可能な「BtoBプラットフォーム 請求書」の両ツールを提供する。

 三鷹市はこれらを使うことで、承認フローや規定チェック、監査対応などの効率化や、紙の書類の保管コスト削減が見込めるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.