ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年08月25日 11時29分 公開

Epic対Apple訴訟の初審理、「Unreal Engineに関してはEpic寄り」と判事

Epic対AppleのApp Storeからの「フォートナイト」削除をめぐる訴訟の初審理がZoom経由で行われた。判事はフォートナイト削除についてはAppleに“傾く”が、Unreal Engine停止についてはEpicに“傾く”と語った。

[ITmedia]

 米カリフォルニア州北部地区連邦地裁で8月24日(現地時間)、Epic Games対Appleの「Fortinte」(フォートナイト)のApp Storeからの削除をめぐる訴訟の初審理がZoom経由で開かれた。

 epic
 epic 2 イボンヌ・ゴンザレス・ロジャーズ判事

 イボンヌ・ゴンザレス・ロジャーズ判事は、Epicが求めるFortniteのアプリストアでの復活についてはAppleの主張に“傾いた”が、Epicのゲームエンジン「Unreal Engine」がAppleのプラットフォームで使えなくなるEpicの開発者アカウント停止については「報復的な印象がある」として、Epic側に“傾いた”と語った。

 米ジャーナリストのサラ・ジョン氏のTwitterでの審理の実況によると、ロジャーズ判事は、Urneal Engineについては「行き過ぎのようだ」と語った。Epic Gamesの開発者アカウントではガイドラインに違反したかもしれないが、Epic Internationalは違反しておらず、すべてを停止するのは報復的に見えると指摘した。

 また、Unreal EngineがAppleのプラットフォームで利用できなくなるとEpic以外のゲーム開発者にも悪影響が及ぶことを考慮に入れるとも語った。

 ロジャーズ判事は、この法廷闘争は長くかかり、いずれにとっても「スラムダンク」にはならないと語った。“近い将来”TRO(暫定的差し止め命令)についての決定を下し、次の審理は9月28日に予定するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.