ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2020年08月25日 11時39分 公開

KDDI、ネット依存の患者を対象に「スマホ依存」の研究 東京医科歯科大と共同で

KDDI、KDDI総合研究所、東京医科歯科大学が、スマートフォンの使用を長時間やめられない「スマホ依存」の共同研究を始めた。同大のネット依存外来の患者を対象にスマホの利用状況などを調べ、治療や予防アプリの開発に役立てる。

[ITmedia]

 KDDI、KDDI総合研究所(埼玉県ふじみ野市)、東京医科歯科大学(東京都文京区)は8月25日、スマートフォンの使用を長時間やめられない「スマホ依存」の共同研究を始めた。同大のネット依存外来の患者を対象にスマホの利用状況などを調べ、スマホ依存の治療や予防アプリの開発に役立てる。

photo 共同研究のイメージ

 研究への協力を承諾した外来患者を対象に、スマホやインターネットの利用状況をアンケートや研究用アプリから記録する。収集した回答やデータを基にスマホ依存に困っている人のスマホの使用パターンを分析。主観的になりがちだった患者への問診にアプリで取得する客観的なデータを組み合わせ、患者の状態をより正確に把握することで治療に役立てる。

 KDDIとKDDI総合研究所が研究用アプリを提供し、アプリで収集したデータを基にスマホの利用実態を分析。東京医科歯科大学が外来患者への協力依頼や検査、診断、治療などを行う。

 KDDIとKDDI総合研究所は7月、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)などと共同でAIを活用したスマホ依存の研究を開始。東京医科歯科大は2019年度にネット依存の専門外来を設立した。二社の技術力と同大の臨床経験によって、スマホやインターネット依存の状態を解明し、治療へつなげるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.