ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年08月25日 16時20分 公開

文化財など2100万件以上のデジタルデータを横断検索 「ジャパンサーチ」正式公開

内閣府が、文化財など国内のコンテンツのデジタルデータを、保管場所を横断して検索できるポータルサイトを公開。国立国会図書館など46機関が持つデータベースから2100万件以上のデータを閲覧できる。

[吉川大貴,ITmedia]

 内閣府は8月25日、文化財や書籍など国内のさまざまなコンテンツのデジタルデータを、保管場所を横断して検索できるポータルサイト「ジャパンサーチ」を正式公開した。国立国会図書館や文化庁など46機関が管理する108のデータベースから、キーワードやカテゴリー(人文学、美術、映画など)といった条件で2100万件以上のデータを検索できる。

photo ジャパンサーチのトップページ

 各機関がデジタル化した文化資源を検索しやすくし、教育や学術研究、地域振興などさまざまな分野での利用を促進する狙い。2019年2月には試験版を公開しており、同年8月には利用者のフィードバックを基に画像検索機能を追加するなど改善を進めていた。

photo 検索画面

 正式版では利用者がお気に入りのコンテンツを「ギャラリー」としてまとめられる機能を追加。ギャラリーを他の利用者と共同で編集できる機能なども搭載している。

 今後は既存機能の改善や拡充を行い、デジタルデータの活用をさらに促進する方針。サイトの運営を担当する国立国会図書館は「引き続きユーザーからのフィードバックを集め、利便性の向上に役立てる」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.