ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年09月07日 21時02分 公開

Apple Watchの「家庭用心電計プログラム」と「家庭用心拍数モニタプログラム」が日本の医療機器承認・認証を取得

既にApple Watch外来を発表した病院も。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 公益財団法人医療機器センターの登録情報に、AppleのApple Watchに搭載されている「家庭用心電計プログラム」(承認・認証番号:30200BZI00020000)と「家庭用心拍数モニタプログラム」(承認・認証番号:30200BZI00021000)が医療機器承認・認証を取得したと掲載されていると、お茶の水循環器内科が伝えている

 外国特例承認で、両方とも医療機器のクラス分類はクラスIIとなっている。

 お茶の水循環器内科では、医療機器承認・認証を受けて、不整脈の発作時の記録を基に、不整脈の疑いの評価、さらなる精密検査の必要性、治療の必要性等の相談を受けるApple Watch外来を開始するそうだ。

photo Apple Watch外来をスタート

 2018年12月、Apple Watch Series 4で心電図機能が使えるようになった時点で、この機能は日本語化されていた。

photo 心電図機能はSeries 4の時点で既に日本語対応していた。

 Apple Watchの販売に関しても、特別な要員を配置して特別な店舗に限定するのではなく、通常の販売網のままでできそうであることが分かった

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.