ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2020年09月09日 12時19分 公開

「ネコポス」厚さ2.5センチ→3センチに拡大 コロナでフリマ需要拡大

「メルカリ」や「ヤフオク!」などで利用できる小型荷物配送サービス「ネコポス」の取り扱いサイズが10月1日から、厚さ2.5cm以内から3.0cm以内に拡大する。

[ITmedia]

 ヤマト運輸は、「メルカリ」や「ヤフオク!」などに提供している小型荷物配送サービス「ネコポス」の荷物の厚さを、現行の2.5cm以内から3.0cm以内に拡大すると発表した。10月1日発送分から適用する。

画像

 ネコポスは、専用ボックスに入れた小さな荷物を、宅急便同等のスピードで全国一律料金で配達し、ポストに投函するサービス。フリマ・オークション事業者向けに提供している。

 従来は31.2(縦)×22.8(横)×2.5(厚さ)cm以内の荷物が対象だったが、10月1日から厚さを5mm拡大する。縦横のサイズや重さ(1kg以内)は変えない。

 ヤマトによると、新型コロナウイルス感染拡大の影響でEC需要が高まる中、フリマ・オークションサイトを利用する人も急増。ネコポスの取扱量も急拡大しているという。今回、ネコポスの取り扱いサイズを拡大し、ユーザーニーズに応えるとしている。

【訂正:2020年9月9日午後1時20分 記事初出時、「厚さを0.5ミリ拡大する。」としていましたが、「厚さを5mm拡大する。」の誤りです。訂正してお詫びいたします。】



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.