ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年09月09日 16時54分 公開

空港係員がアバターに JALが「リモート案内」サービス

JALがアバターを用いたリモート空港案内サービスの実証実験をスタート。非接触・非対面でも高品質な接客を目指す。

[ITmedia]

 日本航空(JAL)は9月8日、アバターを用いたリモート空港案内サービスの実証実験を始めると発表した。離れたところにいる係員の言葉や表情に応じ、ディスプレイに映し出したアバターが客を案内。新型コロナウイルスの影響で対面での案内がしにくい中、非接触・非対面で高品質な接客を目指す。

実証実験のイメージ

 羽田空港の出発ロビーや搭乗口にキャスター付きのディスプレイを設置。係員は離れた場所からPCを通じてアバターを操作し、客の問いかけに対応する。係員の表情を認識してアバターに反映するため、遠隔ながら表情豊かで対面に近い接客ができるという。

 実験ではパナソニックが提供する「アバター式リモート案内サービス」を活用。期間は9月14〜25日。羽田空港第1旅客ターミナルビル内JAL国内線搭乗口の一部と、航空券予約・購入・変更カウンターで実施する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.