ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年09月10日 17時10分 公開

社員の体調不良をAIが予測 メッセージで毎日質問・分析 KDDIが新施策

KDDIが、AIを活用した社員の体調管理を強化。業務用スマホに、日常生活や働き方に関する質問を毎日1問送信。結果を分析し、体調を崩す兆候がある人をフォローする。

[ITmedia]

 KDDIは9月10日、社員の心身の不調を未然に防ぐため、AIを活用したストレス分析を強化すると発表した。社員の業務用スマートフォンに、日常生活や働き方に関する質問を毎日1問送信。蓄積した回答データなどからストレスの度合いを算出し、体調を崩す兆候がみられた人にカウンセリングを行う。役員を除く全社員(約1万2000人)が対象。

photo メッセージでの質問の例

 質問の内容は「よく眠れていますか?」「仕事で困った時に相談しやすい職場ですか?」など。メッセージアプリ「+メッセージ」で配信し、社員は5段階の顔文字で答える。この繰り返して集めたデータを、残業時間や休暇の取得状況などと照らし合わせて分析し、ストレスの度合いを算出。社員の健康状態が悪化する前に、迅速にフォローするとしている。

 過去の回答や、全社平均との比較データを表示するダッシュボード機能も搭載。社員は日々の結果を確認し、自身の状況を把握できる。

 新型コロナウイルス感染症対策でテレワークに移行し、コミュニケーション方法が変わったことを踏まえた施策。従来もストレスチェックを年に1回行っていたほか、その結果と時期ごとの残業時間をAIで分析し、体調不良の予兆を検知する取り組みを年に2回行っていた。だがリアルタイムでの分析が難しかったことから、仕組みを改善したという。

 分析で使うAIは、KDDI、KDDIテクノロジー、KDDI総合研究所のグループ3社が共同で開発した。

photo 社員の心身の不調をフォローする流れ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.