ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年09月11日 13時50分 公開

精巧な公衆電話のカプセルトイが再登場 受話器を持ったハローキティも 

タカラトミーアーツは、カプセル玩具「NTT東日本・NTT西日本 公衆電話ガチャコレクション 増補版」を12月に発売する。昨年秋に発売し、累計85万個を販売した人気商品の第2弾。

[ITmedia]

 タカラトミーアーツは、カプセル玩具「NTT東日本・NTT西日本 公衆電話ガチャコレクション 増補版」を12月に発売する。2019年秋に発売し、累計85万個を販売した「NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション」の第2弾。1回300円(税込)。

カプセル玩具「NTT東日本・NTT西日本 公衆電話ガチャコレクション 増補版」© SANRIO

 受話器を外すとフックが上下し、ダイヤルボタンやコイン返却口も可動するなど細かいギミックを備えたミニチュア公衆電話。第1弾にも含まれていたアナログ公衆電話機「MC-D8」「MC-3P」、デジタル公衆電話機「DMC-7」の他、アナログ公衆電話機「MC-5BP」、公衆電話を設置する「公衆電話機用スタンド」、公衆電話を使うポーズのハローキティを加えて全6種類とした。ハローキティにはダミーの受話器が付属する。

アナログ公衆電話機「MC-5BP」(写真=左)と「公衆電話機用スタンド」(写真=右)

 開発にはNTT東日本とNTT西日本の他、NTTグループの歴史的資産1500点以上を所蔵する「NTT技術史料館」(東京都武蔵野市)が協力した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.