ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年09月17日 07時51分 公開

Apple、iOS 14、iPadOS 14、tvOS 14、watchOS 7を公開

macOS以外のOSを一斉にバージョンアップした。

[松尾公也,ITmedia]

 米Appleは9月17日、macOS以外のOSを一斉にバージョンアップした。iPhone用OSのiOS 14、iPad用OSのiPadOS 14、Apple TV用OSのtvOS 14、Apple Watch用OSのwatchOS 7をソフトウェア・アップデート経由で公開した。

 iOS 14はウィジェットをホーム画面に設定できるようになったほか、短時間で読み込める小型アプリApp Clipを導入。純正の翻訳アプリも追加された。マップアプリで自転車経路がサポートされたが、日本は対象地域に入っていない。

 サードパーティー製Webブラウザとメーラーをデフォルト設定することが可能になった。

 iOS 14と既存アプリとの互換性はゲームメーカーをはじめとする多くの開発会社が注意喚起しており、アップデートには注意が必要だ。

photo
photo iOS 14
photo ウィジェットをiPhoneのホーム画面に貼り付けられるようになった
photo Apple純正の翻訳アプリ
photo ブラウザをSafari以外にできる

 AirPods Proを最新ファームウェアにアップデートしていると、iOS 14でiPhoneの動きに合わせて立体音響を体験できる「空間オーディオ」が利用可能になる。空間オーディオは設定アプリのBluetoothからAirPods Proを選択すると表示される。

photo 空間オーディオ

 iPadOSは以前からウィジェットをホーム画面に設置できるが、バージョン14ではそのサイズ変更が可能になった。Apple Pencil関連の機能が大幅に強化された。

photo
photo iPadOS 14

 watchOS 7は母艦となるiPhoneをiOS 14にアップデートする必要がある。文字盤の共有、手洗いの自動検出、睡眠記録が可能になった。Apple Watchをファミリー共有で接続することもできるようになった。

photo watchOS 7

 なお、日本での心電図(ECG)アプリは、バージョン7.0ではまだオンになっていない。

photo 心電図はまだ日本にやってきていない

 tvOS 14は、Apple TVで2台のAirPodsまたはBeatsヘッドフォンを共有することが可能になったほか、ピクチャー・イン・ピクチャー、HomeKit対応カメラによる確認などができるようになった。

photo tvOS 14

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.