ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2020年09月18日 05時56分 公開

iOS 14、iPadOS 14ではデフォルトブラウザをSafari以外に変更可能 ただし再起動不可

問題はメーラーだけではなく、Webブラウザでも。

[MACお宝鑑定団]
MACお宝鑑定団

 iOS 14/iPadOS 14から、デフォルトのWebブラウザを、純正の「Safari」からサードパーティー製ブラウザに変更できるようになった。

photo iPadOS 14の目玉機能の一つ
photo iOS 14:デフォルトのブラウザApp

 サードパーティー製ブラウザアプリがインストールされている状態で、設定>変更したいサードパーティー製ブラウザをタップする。

 変更可能なサードパーティー製ブラウザの場合「デフォルトのブラウザApp」項目が表示され、そこに変更可能なサードパーティー製ブラウザが表示される。

 デフォルト指定したいサードパーティー製ブラウザを選択する。

 なお、iOS 14.0、iPadOS 14.0では、iOSデバイスを再起動すると、これらの変更がSafariに戻ってしまうバグがある。メーラーのデフォルト変更にも同様のバグが存在する

Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.