ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年09月23日 10時33分 公開

Ignite 2020:Microsoft、汎用言語モデル「GPT-3」のライセンス取得

イーロン・マスク氏などが率いる非営利AI企業OpenAIの高性能言語モデル「GPT-3」の独占ライセンスをMicrosoftが取得した。Microsoftは自社製品やサービスにGPT-3を採用していく。OpenAIのβ版API経由でのGPT-3へのアクセスは引き続き可能だ。

[ITmedia]

 米Microsoftは9月22日(現地時間)、オンラインで開催の年次テクニカルカンファレンス「Ingite 2020」で、汎用言語モデル「GPT-3」の独占的ライセンスを米OpenAIから取得したと発表した。これにより、「OpenAIの技術革新を活用して、顧客向けのAIソリューションを開発、提供し、自然言語生成の力を利用する新たなソリューションを作成できるようになる」としている。

 gpt OpenAIの公式発表

 GPT-3は、イーロン・マスク氏が共同会長を務める非営利のAI(人工知能)研究企業であるOpenAIが6月に発表した汎用言語モデルの3世代目。ネット上のテキストの次の単語を予測するためだけに訓練されたTransformerベースの自己回帰言語モデルで、1750億個のパラメータで動作する。人間が作ったものと見分けられないレベルの文章作成能力が話題になっている。

 Microsoftは昨年7月、OpenAIに10億ドルを出資し、同社の独占的クラウドプロバイダーになると発表した。GPT-3は既に「Microsoft Azure」のAIスーパーコンピュータ上で訓練されている。

 Microsoftは「責任を持って、手頃な価格で、公平に」GPT-3の機能を自社製品、サービスに活用するとしている。

 なお、このライセンス供与はOpenAIのAPI(限定β版)を介したGPT-3モデルへのアクセスには影響しない。Microsoft以外のユーザーは、引き続きAPIを通じてアプリを構築できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.