ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2020年09月25日 13時04分 公開

「今年のハロウィン、渋谷に来ないで」 代わりにバーチャルイベント開催

「今年のハロウィーンは、渋谷の街への来街を控えてほしい」と区長が呼び掛け。代わりに「バーチャル渋谷」でハロウィンイベントを行う。

[ITmedia]

 ハロウィンの時期は毎年、東京・渋谷に多くの若者が集まる。だが、新型コロナウイルスの問題もあり「今年のハロウィンは、渋谷の街への来街を控えてほしい」と長谷部健区長が呼び掛けている。代わりに、渋谷駅前を再現した区公認のバーチャル空間「バーチャル渋谷」で、ハロウィンイベントを実施。KDDI(au)がイベントを主催する。

画像
画像

 バーチャル渋谷は、「cluster」(KDDIが出資するクラスターが運営)で渋谷の街を再現したバーチャル空間で、clusterアプリをインストールしたスマートフォンやPCなどから利用できる。5月にオープンし、これまでさまざまなイベントが開かれてきた。

 10月26日〜10月31日には、ユーザーが仮装したアバターで自由に渋谷を散策でき、さまざまなコンテンツを楽しめる「バーチャル渋谷 ハロウィーンフェス」を行う。

 それに先だって10月9日から、「攻殻機動隊SAC 2045」などNetflixのオリジナルアニメ4本をバーチャル渋谷で配信。アバターで着飾り、友人や知人とチャットしながら作品を楽しめる「ネトフリシネマ」を展開する。

 さらに、女性アイドルグループ「BiSH」などによるオンラインライブや、お笑いコンビ「和牛」によるホログラムを活用したお笑いライブなどを行う予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.