ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2020年09月29日 14時07分 公開

野口飛行士搭乗の「Crew Dragon」打ち上げは10月31日に

NASAが、ISSに向けたSpaceXの宇宙船「Crew Dragon」の本番打ち上げを10月31日に決定した。JAXAの野口聡一宇宙飛行士を含む4人がISSに向かう。

[ITmedia]

 米航空宇宙局(NASA)は9月28日(現地時間)、米SpaceXの宇宙船「Crew Dragon」で宇宙飛行士を国際宇宙ステーション(ISS)に輸送する本番フライトCrew-1を10月31日に実施すると発表した。日本人宇宙飛行士、野口聡一氏も搭乗する。

 noguchisan 左から、ミッションスペシャリストのシャノン・ウォーカー氏、パイロットのビクター・グローバー氏、Crew Dragonコマンダーのマイケル・ホプキンス氏(以上NASA)、JAXAのミッションスペシャリスト、野口聡一氏(画像:SpaceX)

 NASAは5月にCrew Dragonの最終テスト「Demo-2」で初めて2人の宇宙飛行士を国際宇宙ステーション(ISS)に向けて打ち上げた。この最終テストは8月2日の帰還で無事終了し、本番ミッションのためのデータ解析が行われている。

 当初の予定より遅くなるのは、ロシアによる次のソユーズ打ち上げとのタイミング調整のためという。打ち上げはフロリダのケネディ宇宙センターからSpaceXのFalcon 9ロケットで行われる。ISSへのドッキングが成功したら、Crew-1の宇宙飛行士らはISSに6カ月滞在する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.