ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2020年10月05日 10時49分 公開

ゆうちょ銀のVISAデビット「mijica」不正ログインで情報流出 1422人に被害か

ゆうちょ銀行のVISAデビットカード「mijica」が不正アクセスを受け、1422人のユーザー情報が閲覧された可能性。

[ITmedia]

 ゆうちょ銀行は、VISAデビットカード「mijica」のユーザー用Webサイト「mijicaWEB」が不正アクセスを受け、1422人のユーザー情報が閲覧された可能性があると、10月5日までに発表した。情報流出による被害は、現時点では確認していないという。

画像 ニュースリリースより

 流出した可能性があるのは、氏名(漢字・カナ)、生年月日、カード番号の下4ケタ、カードの有効期限。

 7月から9月にかけて複数回、mijicaWEBに不正ログインがあったことが判明。mijicaWEBへのログイン履歴のうち、画面遷移が異常に早く、機械的に操作されていたと考えられる履歴を抽出し、不正ログインと判断したという。

 mijicaをめぐっては9月に不正送金が発覚。計54人のユーザーの計約332万円が、第三者のmijicaカードに送金されていた。この問題を受けてゆうちょ銀は、セキュリティ点検を行っており、その過程で不正ログインが発覚した。

 ゆうちょ銀は9月16日にmijicaの送金機能を停止。mijicaWEBの機能も10月3日に停止した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.